太陽光発電とは?

太陽光発電とは?

太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式で、再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つです。
運転に燃料費は不要であり、保守管理費用も比較的小さく、エネルギーセキュリティ向上などの付加的なコスト上のメリットも有します。特に、昼間の需要ピークカットのコスト的メリットが大きいとされています。 太陽光発電とは
A.太陽電池モジュール
一般的に言われている太陽光発電パネルのことです。
太陽の光エネルギーを直流電力に変換します。
その変換効率はメーカーによって異なります。
また屋根に金属架台を設置し、太陽電池モジュールを固定します。
B.接続箱
太陽電池で発電した直流電力を集めるものです。
また、電力の逆流を防止したり、落雷などの突発的な過電流を吸収する役目も果たします。
メーカーによっては接続箱を必要としないシステムもあります。
C.パワーコンディショナ
太陽電池で発電した直流電力を交流電力に変換します。
この変換効率は発電量に大きく影響します。
D.計測ユニット
発電した電気量を計測し、モニター表示機に送信します。
E.分電盤
つくった電気を安全に使用するために、「漏電ブレーカー」や「安全ブレーカー」を1つにまとめた箱のことです。
F.モニター表示機
発電した電気量をモニターで確認できます。
メーカーによって、据え置きタイプや壁面に設置したりも出来ます。
G.売電用メーター
電力会社に売却する余剰電力を計量します。
売電用メーターには『計量法』で10年周期で検定を受けるように定められているため、10年周期で売電用メーターの交換が必要です。
売電用メーターの交換費用は、ユーザ側の負担になることが多いです。
H.買電用メーター
電力会社から購入する電力を計量します。
買電用メーターの交換費用は契約先の電力会社の負担になります。
このページのトップへ