エネチェンジャー

太陽電池モジュール

太陽光発電の屋根 太陽光発電で必要な太陽電池モジュールとは、光エネルギーを直接電力に変換する電力機器です。
光起電力効果によって光を即時に電力に変換して出力する発電機であり、太陽電池(セル)を複数枚直並列接続して必要な電圧と電流を得られるようにしたパネル状の製品単体のことです。
太陽電池モジュールは材料や形態などにより異なる種類に分けられ、それぞれ異なる特徴を持っています。

シリコン系

単結晶
単結晶モジュール 最も古くから使われており、変換効率は高いが高純度シリコンの利用量が多く、生産に必要なエネルギーやコストが高いため高価になります。 そのため近年は多結晶シリコンや薄膜シリコン太陽電池に移行が進んでいます。
多結晶
多結晶モジュール シリコンの端材やグレードの低いシリコン原料を利用して製造されます。単結晶シリコンに比べると面積あたりの変換効率は落ちますが、生産に必要なエネルギーは少なく、コストと性能のバランスの良さから現在の主流となっています。
また、バックコンタクトで表面積を増やしたり、表面に特殊な加工を施して変換効率を上げた商品もあります。
HIT(ハイブリッド)
結晶シリコンとアモルファスシリコンを利用して製造されます。通常の結晶シリコンに比して変換効率が高く、温度特性も良いなどの特長があり、シリコンの使用量を減らせる他にも両面受光型にも出来ます。 お問い合せ

化合物系

CIS(カルコパイライト)
CIS(カルコパイライト) シリコンの代わりに、主成分に銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)を使用しており、3 つの頭文字をとりCIS と呼ばれています。
従来の結晶シリコン系太陽電池に比べて、CIS 太陽電池は高温時の出力ロスが少なく、部分的な影の影響も少なく、太陽光に当たると出力が上がるという性質をもっているので、実質的な発電量で結果を出すことができます。
お問い合せ

有機系

有機薄膜
シリコンや無機化合物の代わりに、有機化合物を用いた太陽電池も開発されています。製法が簡便で生産コストを抑えることができる上に、ガラス基盤を持たないため柔軟性があり、寿命向上に有利など「フレキシブルで軽量」な特長を持ちます。
シリコン系太陽電池に比べ変換効率が低いことが課題ですが、高温時の出力ロスも少ないため、実用化の研究が進められています。
現在注目されている技術で、三菱化学が2015 年から量産化することを目標としています。
このページのトップへ