エネチェンジャー

IH調理器

IH調理器 IH調理器とは、内部に配置されるコイルに流れる電流により、金属製の調理器具を自己発熱させ、加熱するための器具です。
ガスや火を使用せず、電力のみで動作するので、空気を汚さず安全性も高いことが特徴です。

メリット

デメリット

お問い合せ

設置タイプ

ビルトインタイプ
台所に埋め込むタイプのIH調理器で、システムキッチンなどの場合はこのタイプが多いです。
台所にすっきりと収まるという事で、一体感を出すことができ、据え置き型と比べ高機能であることも魅力です。
逆に、ビルトインタイプの場合は埋め込み工事が発生するので工事費用の負担が増えます。
据置タイプ
通常のガスコンロのように、台の上に直接おいて設置するタイプのIH調理器です。
既存のガスコンロと置き換えるだけで導入はできます。ただし、これまでのガス管から電気に動力源を交換するための電気工事は必要になります。
お問い合せ

対応調理器具の制限

IH調理器で私用できる調理器具は、電気を通し、かつ電気を通しにくいことが必要です。そのため、ガラスや土鍋のように、電気を通さないものは使えません。
銅やアルミ鍋電気を通しやすいため十分に発熱せず、従来のIHでは使えませんでしたが、「オールメタル」対応なら、銅やアルミ鍋が使えます。
オールメタルタイプ
オールメタルタイプは、電気抵抗の小さい銅やアルミ鍋でも発熱するほどの、大きなうず電流が鍋に流れるように作られています。
そのため、大きなうず電流を流す仕組み、鍋を載せたときに自動的に材質を検知する仕組みや、大きなうず電流に耐えられる部品の開発が必要となり、オールメタルタイプは通常タイプより1口5万円ほど高価なものとなっています。
また、アルミ鍋で調理を行うと鉄鍋に比べ消費電力が多くなります。
通常タイプ
通常では銅やアルミ鍋の使用は出来ませんが、IH調理器の1口が「ラジエントヒーター」になっているものでは、銅やアルミ鍋の利用が可能です。
「ラジエントヒーター」は炎を出しませんが、ヒーター部分が直接熱くなりますので、鍋の種類にとらわれることなく土鍋・ガラス鍋なども利用することができます。
このほか、IHクッキングヒーターでは不可能な、「海苔を炙る」「餅を焼く」といったことができるのも魅力の一つです。
しかし、エネルギー効率がIHクッキングヒーターよりもやや悪いというデメリットがあります。
このページのトップへ