エネチェンジャー

オール電化

住宅で使用する、「ガスや灯油を熱源とする設備」を「電気を熱源とする設備」に変えるだけで安心で、快適、経済的なオール電化住宅となります。
基本はキッチンとバスルーム。
キッチンにIHクッキングヒーター、バスルームなどの給湯器に電気温水器やエコキュートを。リビングや寝室には蓄熱電気暖房器や電気床暖房がおすすめです。
A.分電盤
「漏電ブレーカー」や「安全ブレーカー」を1つにまとめた箱のことです。
B.ヒートポンプユニット
大気中の熱エネルギーをヒートポンプユニットに取り込み、「自然冷媒(CO2)」で圧縮することで高温化し、
その熱を水に伝えてお湯を作る、自然エネルギーを利用した給湯機です。
C.貯湯ユニット
温めたお湯を貯めるユニットです。
ご家族の人数に合わせたタンクの容量、設置スペースに合わせたタンクの形状を選べます。
D.IH調理器
IH加熱は磁力発生コイルから発生した磁力線が、鍋底を通過するときにうず電流となり、その電気抵抗で鍋自体が発熱する仕組みです。
H.買電用メーター
電力会社から購入する電力を計量します。
「単相3線」にする必要があります。
お問い合せ

オール電化の特徴

安心
お年寄り 火を使わないので、お年寄りやお子さまにも安心です。
火で直接加熱するわけではありませんので、コンロの近くに紙などの燃えやすいものがあっても引火することはありませんし、調理中に服などに火が移るといった心配もありません。
快適
親子 水蒸気の発生量を最小限に押さえるので火の熱によって室内温度を上げずに調理が可能です。燃焼による水蒸気も少ないので、結露やダニ、カビなどの発生を抑えます。
経済的
経済性 省エネルギーなので、経済的です。オール電化製品の中でもエコキュートならば、深夜電力を使うと給湯の光熱費が抑えられます。 このページのトップへ